制御機器の基礎から応用まで
エンジニアに役立つホットな情報が満載!

業務に役立つコンテンツが勢ぞろい!“eブック”一覧ページはこちら

コネクタ関連情報

2016年05月16日

アイパターンの読み方基礎講座

アイパターンの読み方・各種用語を解説します。アイパターンを読み解く前に、まずは一読ください!

今回はアイパターンの読み取り方の基礎を解説します。伝送経路設計において、アイパターンを正しく読み取ることは、必要不可欠です。ぜひ、設計時にご活用ください。

設計に関わる方であれば、一度はこのアイパターンをご覧になったことがあるのではないでしょうか。
前回までの伝送特性編でも、すでにご紹介してきました。

アイパターンを使えば、伝送データの波形やスキュー・ジッタを、視覚的に確認することができます。すなわち、伝送データが正しく送られているのかどうかが目で見て分かるのです。

このアイパターンは、伝送信号を1ビットごとに切り、それらを重ねて作成します。(図1参照)

アイパターン説明図

このアイパターンで重要なのは、以下の3つです。
  • アイ部分の開き度合い(⑤・⑥)
  • 立ち上がり時間(③・④)
  • ジッタ(⑦)
    ※()内は上記図1内でそれぞれを示す数字

アイパターンでは、伝送特性の良し悪しは、アイ部分(真ん中の開口部分)の開き具合で分かります。
アイパターンが開いている=伝送特性が良い
アイパターンが閉じている=伝送特性が悪い
つまり、お目目ぱっちりアイパターンの時が、正しく伝送されている状態なのです。

アイパターンが開いている 伝送特性がよい アイパターンが閉じている 伝送特性が悪い

以前の記事で、ジッタ・立ち上がり時間についてお話したのは、覚えていらっしゃるでしょうか。
立ち上がり時間とは、デジタル信号の電圧「0」⇒「1」への変動時間を指します。
ジッタとは、その立ち上がり時間の揺らぎのことです。
伝送信号の波形が変形してしまうと、立ち上がり時間が変化してしまうため、ジッタは大きくなり、アイパターンが閉じてしまいます。

アイパターンが閉じていると、電圧「0」「1」が正確に読みとれず、エラーが発生する可能性があります。

また、伝送規格によっては、規格を満たすために、アイパターンでマスクテストをクリアする必要があります。
下図3のように、規格によって定められたマスクの内部に、伝送波形が含まれないようにするのが、このマスクテストです。

パナソニックではお客様のご要望に応じ、コネクタのアイパターンをお渡しすることが可能です。お気軽に営業までお問い合わせください。

伝送規格でのマスクテスト例

いかがでしたでしょうか。今回は、アイパターンの読み方についてまとめました。基礎的な内容ではありますが、このアイパターンは伝送信号評価では欠かすことのできない評価データです。ぜひ、設計時にご参考にしてみてください。

もえ

営業企画部コネクタ担当、新米社員。 コネクタを基礎から必死に勉強中。 好物は煮物と柿の種、年のわりに渋好み。

New call-to-action
新規CTA
“eブック”一覧ページはこちら