制御機器の基礎から応用まで
エンジニアに役立つホットな情報が満載!

業務に役立つコンテンツが勢ぞろい!“eブック”一覧ページはこちら

リレー関連情報

2013年12月12日

PhotoMOSリレーの最小負荷電流の考え方

PhotoMOSリレーにおける、「漏れ電流(リーク電流)」の考えかたについて解説します。

お客様からいただいた質問をもとに、PhotoMOSリレーについて分かりやすくご紹介します。今回は、PhotoMOSリレーにおける、「漏れ電流(リーク電流)」の考えかたについてご紹介します。不安や疑問の解消に、ぜひお役立てください。

質問:メカニカルリレーの場合、負荷の制御に関して最小負荷電流の規定がありますが、PhotoMOSリレーにはその規定がありません、最小負荷電流はどうなりますか?

答え:PhotoMOSリレーには最小負荷電流の数値の規定はありません。

PhotoMOSリレーに最小負荷電流の数値の規定はありませんが、開路時の漏れ電流(リーク電流)に注意する必要があります。PhotoMOSリレーは半導体素子で構成されておりますので、開路時に1次側がONをしていなくても2次側(メカニカルリレーでいう接点側)が開路時(OFF時)に電圧が印加されると微弱な電流が流れます。メカニカルリレーには無いこの電流を、「開路時漏れ電流」といいます。電気が電気回路の外へ漏れ出す「漏電」とは別の現象ですので、混同しない様に気をつけてください。

2次側が閉路時(ON時)に流れる負荷電流の大きさが、開路時漏れ電流に近い大きさでご使用の場合、ON時とOFF時の負荷電流差が小さいために、負荷電流の入り切りを制御できない(入り切りの判定ができない)ことになります。負荷電流は閉路時の漏れ電流よりも大きな電流になるように気をつけなければなりません。また、開路時漏れ電流は周囲温度が高いときには大きくなりますので、微小負荷電流でのご使用時には周囲温度の考慮も必要です。図1は25℃における漏れ電流の一例です。

20131212_1

昨今、環境保護の観点からこのような半導体の漏れ電流による電力消費量は、できるだけ少なくすることが要求されています。一般のSSRでは開路時漏れ電流は数mAありますが、PhotoMosリレーの場合は最大負荷電圧の印加時でも1μA以下となっています(図2)。
※ 10nA以下、10μA以下のタイプもあります。それ以下をご要望の際はお問い合わせください。

20131212_2

いかがでしたでしょうか?今回は、漏れ電流について解説しました。是非、回路設計の参考にしてください。


今回のキーワード

  • 最小負荷電流:最小負荷電流とは正常に負荷開閉ができる最小の負荷電流です。
  • 負荷電流:負荷電流とは負荷に流れる電流のことです。
PhotoMOS

谷口

パナソニック株式会社制御機器コールセンター所属。久留米高専電気工学科卒業後、松下電工株式会社(現・パナソニック)へ入社。25年間の制御部品営業を経て現部署へ。 趣味:サイクリング、登山、マラソン、天体観測

新規CTA
“eブック”一覧ページはこちら